楽器の音への対策|近所とのトラブルである音漏れを防ぐ:防音対策の方法
男の人

近所とのトラブルである音漏れを防ぐ:防音対策の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽器の音への対策

部屋

高音と振動を知覚

パーカッションなどで使用されるのが、ドラムです。ドラムは、高音域の騒音と独特の振動を発するのが特徴と言えます。ドラム特有の騒音は、一般的な防音設備では対策が不十分な場合があります。多くの防音設備は、騒音を遮断するのが主な目的です。ですので、ドラム使用時に生じる振動はカバーが不可能な場合が出てきます。ドラムを住宅内で使用する時には、ドラム専門の設備を利用する方が安心です。今では、ドラムの遮音に長けた業者も登場しています。専門の業者であれば、適切な形で防音対策が講じられます。隣家に気兼ねなくドラムが使用出来るようになりますので、騒音に対する心配も減ります。振動を抑える技術が取り入れられているのが、最近のドラム用の防音設備です。

メールで見積もりを取る

設備を設置したい場所の図面があれば、簡単な見積もりの依頼も可能です。設備の規模や周辺の環境などを口頭で伝えておくと、業者側も見積もり金額が出しやすくなります。防音設備の設置では、施工の前に現地の調査が行われます。防音効果を確実にするために必要になってくるのが、音の伝わり方に関する調査です。最初の問い合わせは、ほとんどの業者がメールで受け付けます。概要を説明し、工法や料金などを質問すると、施工の前に一定の情報が得られます。遠隔地の業者の場合にも、メールならば問題なくコンタクトが取れます。見積もりの段階では、費用もかからないのが昨今のサービスです。ですので、気になる業者から数点見積もりを取るという方法も考えられます。