迷惑をかけない日本文化|近所とのトラブルである音漏れを防ぐ:防音対策の方法
男の人

近所とのトラブルである音漏れを防ぐ:防音対策の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

迷惑をかけない日本文化

作業員

意外と簡単にできる

防音工事にはさまざまな目的があります。例えば、ピアノの練習を思う存分したいが集合住宅のため他の居住者への騒音が気になる、子供をのびのびと育てたいが下の階へのどすどすという振動から、苦情が来たため、などです。そのような、日本の住宅環境では、近所付き合いに悪影響を及ぼしかねないため、防音工事がとても有効です。工事といっても、自分でできるものから専門業者へ依頼するものまで、予算と内容により、施工方法が異なります。まず自分でできる防音施工としては、床にカーペットを敷いたり、クッション材を敷き詰める、防音カーテンに変えてみるなど、ホームセンターへ行くと揃う物もたくさんあります。そのクラスの防音が充分でない時には、専門業者に依頼するのが有効です。

集合住宅は共有部分に注意

お住まいの家が集合住宅の場合に、防音工事を依頼する際はマンション管理規約などをチェックすると良いです。なぜなら集合住宅には自分の所有である専有部分と皆さんで使用する共有部分があるからです。特に外へ繋がるコンクリート壁や窓は、そもそも共有のスペースですので、勝手に改造したり改築することはできません。内側の工事が基本になります。それが許される範囲の中で、窓のサッシを追加で二重に取り付けたり、内装の壁に吸音材シートを貼り付けるのが、効果的です。このように防音工事は、お住まいの環境により大きく異なりますので、住宅の専門家や施工業者に見積もりを依頼するのが1番早く、かつコスト面最小限に抑えることができます。